価格だけでなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、サービスのスペックとしての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

でも、実際に速度を比較してみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

多くのサービス提供元もドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

「太い回線帯域」と「設備」とはMVNOによって異なっています。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そんな時は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、価格だけでなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。

低価格のSIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

大手キャリアだと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月々1000円なんていう料金になることが。

一回は、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

大手キャリアのスマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのサービスを利用することができます。

SIMカードとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われているICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

PR:格安SIM かけ放題 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です